< 2018年10月 >
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
プロフィール
木のぬくもりの宿 濱松屋
木のぬくもりの宿 濱松屋
木のぬくもりの宿濱松屋は、江戸時代より続く純和風の
木造建築の温泉旅館でございます。
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 4人
オーナーへメッセージ
QRコード
QRCODE
新潟ブログポータル!LogPort
新潟ブログポータル!LogPort

2008年09月15日

南蛮海老の天婦羅

濱松屋の定番料理です。新潟名産である南蛮海老 ( 甘海老 ) は、刺身で食べると甘味があって美味しいですが、天婦羅にする事によって、生とは一味違った美味しさを味わえます。



 南蛮海老の正式な名前は、北国赤海老(ホッコクアカエビ)です。外見が
 赤く熟した唐辛子の実 ( 別名 ナンバン ) に似ていることに由来してい
 ます。又、甘味が強いことから甘海老とも呼ばれています。




 濱松屋では主に新潟産、もしくは佐渡産の大きい
 南蛮海老を使います。7月~8月の禁猟期間は近
 海で捕れた物を使っています。


 
 皮を剥き、背をおって、2匹1組に   頭は殻を剥き、唐揚にします。
 して楊枝でとめててんます。




 天婦羅は180℃の油でカラッと揚げます。ポイント
 は、食材と天婦羅粉 ( 薄力粉 ) を冷しておくこと。
 それから1度で揚げる食材を、なるべく油鍋の1/3
 以下、多くても半分にすることです。


 
 揚がったらクッキングペーパー等    鰹出汁に味醂と醤油を入れ沸か
 に乗せて余分な油を切ります。     して天つゆを作ります。




 南蛮海老の天婦羅を立体的に盛り付けて、アスパラガスの天婦羅と頭
 の唐揚を手前に添えます。今回は天つゆと紅葉おろしで召し上がって
 貰います。カラッと揚がった天婦羅を熱々のうちにどうぞ。



同じカテゴリー(会席料理)の記事画像
真鱈親子和え
甘鯛の唐揚
村上牛七輪焼
かきあえ膾
氷頭鱠
いくら醤油漬
同じカテゴリー(会席料理)の記事
 真鱈親子和え (2018-02-12 14:07)
 甘鯛の唐揚 (2016-06-27 19:28)
 村上牛七輪焼 (2015-12-19 20:36)
 かきあえ膾 (2015-07-22 19:16)
 氷頭鱠 (2015-01-09 15:29)
 いくら醤油漬 (2014-09-11 17:25)

Posted by 木のぬくもりの宿 濱松屋 at 19:37│Comments(1)会席料理
この記事へのコメント
揚げたての南蛮海老の天ぷらが
とっても美味しそう!!
Posted by torotoro at 2008年09月16日 19:44
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。